« ピストン運動を長持ちさせる(挿入時間を延ばす)方法 | トップページ | 早漏の対策法とは、射精を我慢する方法ではありません »

2016年7月27日 (水)

刺激対策のオナニートレーニング

スパーキー佐藤の早漏革命には、大きく分けて2つの対策があります。

2つの対策の内の1つ、「刺激対策」は、刺激に対しての耐性を付けるために性器を鍛えるトレーニングです。早漏の対策、性器を鍛えると聞くと「金冷法」というのを連想する方がいるかもしれませんが、全く違います。
このスパーキー佐藤式のトレーニングは、オナニーをする際にちょっと変わった事をやるというものです。トレーニングだけのために何かをやるのではないので無理なく続けられます。彼女がいるという人でも性欲の解消は全部彼女とのエッチというわけにはいかず、当然1人でオナニーする事もありますからね。
この方法でオナニーするようにすれば、いつの間にか早漏が改善します。私は3週間くらいで明らかに刺激に対して強くなったと実感しました。

« ピストン運動を長持ちさせる(挿入時間を延ばす)方法 | トップページ | 早漏の対策法とは、射精を我慢する方法ではありません »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2347135/66707136

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激対策のオナニートレーニング:

« ピストン運動を長持ちさせる(挿入時間を延ばす)方法 | トップページ | 早漏の対策法とは、射精を我慢する方法ではありません »

無料ブログはココログ